共済金の請求に必要な書類

共済金の請求にはどのような書類が 必要なのでしょうか?

以下のような書類が必要となります。

ご契約者さま・被共済者にご用意いただく書類

共通必要書類
名称 説明
共済金請求書 原則として共済金請求者は契約者・被共済者(自損・搭傷)です。
事故発生状況報告書 事故の概略を簡潔にまとめた報告書です。

相手方および相手方の関係先から関交協が取り付ける書類

次の書類は、相手方および相手方の関係先から当社が取付します。

共通必要書類
名称 説明
示談書または損害賠償に関する承諾書
(免責証明書)
相手方と示談が成立したときに作成します。
その他損害を立証する書類、領収書など 損害を立証する書類や領収書などで、事実の確認を致します。
対人事故
名称 説明
診断書 診療報酬明細書等、医療機関での治療内容の確認を行います。
治療関係費を算定する資料 治療に付随する入院の諸費用や、入通院の看護について実際に発生した費用のうち、合理的な額が対象となります。
同意書 おケガをされた方の傷害の程度、妥当な治療期間・休業期間を当社にて確認するために必要となります。
収入を立証する書類
(休業損害証明書、確定申告書の写し等)
減少した収入額を確認、算定するために必要となります。
通院交通費明細書 治療に付随する通院の際の交通費について、実際に発生した費用のうち、合理的な額が対象となります。
対物事故
名称 説明
損害物の見積書および写真
(事故車双方のもの)
被害物の損傷状況を確認します。
被害物の購入日・金額 被害物の購入価格、購入年月日、購入先を確認します。
page top