関交協のご案内

ごあいさつ

関東交通共済協同組合 理事長 千原武美

関東交通共済協同組合は、昭和46年に東京都のトラック運送事業者により東京陸運局(現:関東運輸局)の認可を得て、東京都自動車交通共済協同組合として誕生いたしました。

設立当時、損保各社は事故率の高いダンプ、トラックなどの営業用自動車の保険契約を忌避していたため、トラック運送事業者が自衛のために結束し、低廉な掛金と補償の充実を目的に本組合を設立、対人共済事業を開始いたしました。

昭和48年に埼玉県、栃木県、山梨県、翌昭和49年には千葉県、茨城県、群馬県へ事業地域を拡張して、現在の1都6県の体制が整いました。

創業時より永らく対人共済のみの取扱いでしたが、平成3年に対物共済と車両共済、平成5年に搭乗者傷害共済と事業を拡大、さらに平成13年には自賠責共済の取扱いを開始し、総合自動車共済事業へと発展してまいりました。

平成14年に初の地域拠点となる埼玉支所を開設いたしました。その後平成16年に埼玉サービス事務所、平成28年7月には北関東サービスセンターと発展的に組織改編し、本部との二大拠点体制を整え、ご契約者様の利便性向上を図りました。

関交協はもう一つの事業として事故防止支援を掲げています。運送事業者の皆様とともに、交通事故削減に努めることを最重要課題と位置付け、様々なサービスを提供しています。管理者や運転者を対象とした講習会の開催、適性診断の実施および『交通共済ニュース』やポスター作成、ファクスによる情報提供など、「補償に先立つ事故防止」の理念のもと、事故防止活動を支援しています。

関交協は、トラック運送事業者の幅広いニーズにお応えしながら、低廉な掛金による共済事業運営と交通事故防止を両輪とし、皆様とともにこれからも歩んでまいります。

関交協の事業活動へのご理解をいただき、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年8月吉日

関東交通共済協同組合 理事長 千原武美

組合概要

組合概要
名称 関東交通共済協同組合
代表 理事長 千原武美
所在地 東京都新宿区西新宿7-21-20
根拠法 中小企業等協同組合法
設立認可 昭和46(1971年)5月22日
東京陸運局(現:関東運輸局)
71東陸自2貨1第1193号
組合員数 3,800事業所(平成28年3月31日現在)
出資金 3億2,933万円(平成28年3月31日現在)
事業地区 東京都、埼玉県、栃木県、山梨県、千葉県、茨城県、群馬県
事業内容 自動車共済、自賠責共済、労働災害共済、交通事故防止支援、損保代理店
page top